Unicode形式に変換するPopClipのExtensionを作りたかっただけだったのに

bash popclip , bash , unicode , utf-8 Comments

article image

いろいろな趣味がよく合うひとりぶろぐさんの記事を読んでいたときのこと。どうやらPopClipが便利らしいことを発見したので、だいぶ昔に買ったっきりで使っていなかったPopClipを活用してみることにしました。

PopClipとは

PopClipに関しては、ひとりぶろぐさんの記事にて紹介されているので省略します。知っているという前提で以下、話を進めます。

Unicodeエンコード

最近なにかとマイブームなUnicode。CSSのcontentプロパティで記号を表示したり、JavaScriptで難読化したりなど、よく使う割には毎回ブラウザ上でコンソールを拡げていました。この手間を解決する手段として、せっかくなのでPopClipの拡張機能を利用しようと思います。

Honda 3DのサイトがFlashだったときの症例

web html5 , css3 , webgl , three.js Comments

article image

RSSを消化してたときのこと。 ホンダが歴代コンセプトカーの3DデータをCCライセンスで公開、NSX Concept など全5種 (動画) - Engadget Japanese なる記事を見つけて、「クリエイティブコモンズで3Dモデル公開とはなかなかやるな。流行に乗っててよろしい。」と感心していました。

しかし、そんな関心も次のクリックで吹っ飛びました。

Qiで203Zを充電できるようにしてみた

review qi , 203z Comments

article image

Qiという無接点充電の_事実上_標準規格なものがありまして、それを利用したモバイルルータの充電をしてみましたという日記です。

デバイスをQiにて充電するには、Qi給電の機能をもとからもっているデバイスを購入するか、もしくは非対応デバイスをQi対応にさせるかの2択しかありません。

今回Qi対応にしたいデバイスはモバイルルータのSoftBank 203Zです。出先でMac/iPadその他機器でインターネットに接続するために利用しているものです。バッテリーは結構もつのですが、それでも毎日充電しなければ一日中使うような日には持ちません。あの小さな小さなmicorUSBに毎晩のように上下を間違えて刺すこと数十日。さすがにうっとうしくなってきたのでmicroUSBを使わず充電できる方法を探りました。

JavaScriptの記号だけで'1'を作るコードゴルフ

javascript codegolf Comments

article image

CodeIQでお正月チャレンジをしていた時に遭遇した問題を解決するために、いろいろと試行錯誤したことがありました。

ある条件下で数値を作成しなければいけないという問題に直面したときのことです。 条件としては、以下のとおりになっていました。

入力欄の文字数:100文字以内

禁止文字:1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 , + % ? : this eval function Function Array join split repeat " '

この条件下で数字の1を作成した結果は以下のとおりになりました。

OS Xで再現されるBus error: 10の原因探ってみた

c bus_error , segmentation_fault , osx Comments

article image

Cです。

アプリケーションの例外でおこるSegmetion fault: 11 はよく目にするのですが、 OS Xで時々現れるBus error: 10 が現れる条件が気になったのでごちゃごちゃいじって探してみました。

こういう情報はどこかインターネットにあるのだと思ったのですが、 Segmentation FaultとBus Errorの違いとMac - Togetterまとめ などには納得のいく答えがなかったのが今回探してみた経緯となります。

結論からいうと、原因の特定はできませんでした。 様子を伺うまでの手順など、やったことの記録になります。

NAS4FreeでTime Machineの設定するメモ

nas4free nas4free , timemachine , mac Comments

article image

Mavericksの登場で手元のMacBook Airをクリーンインストールしました。 その際、バックアップから復元するような手段は取らず、必要なデータのみを移して環境を再構築しました。 というのも、いままではTime Machineでバックアップを取っていなかったがために復元する手段がなかったのです。

次のバージョンでもクリーンインストールする予定ではありますが、突然のデータ消失に備えてTime Machineでの定期バックアップをするようにしました。

Time Machineのバックアップ先としては主に利用されるのは外付けドライブやTime Capsuleなどいろいろなバックアップ先があります。 しかし、MacBook Airをポータブル端末として利用している身としては、バックアップのたびにケーブルを抜き差しするのは効率を落とすだけでなく、バックアップ中は移動ができなくなってしまうため、候補から外しました。

ケーブルレスでTime Machineの機能を使う方法としては、無線LAN経由でネットワークストレージにバックアップする方法に限られてきてしまいます。 Time Machineのバックアップ用ネットワークストレージとして、AppleからはAirMac Time Capsuleなるものが発売されていますが、これが如何せんお高い。 主な機能としてのTime MachineのバックアップとIEEE802.11ac対応無線LANルータの2つを備えた2TBのもので29,800円するという。 もっと多機能で安価なものを自分で構成したいという欲が湧いてきました。

blogを建ててみた

html html5 , css3 , gh-pages Comments

article image

いままで情報を発信する場として、確かなものが周りになかったので新年に向けて新しくブログを作成しました。 よろしくお願いします。

今回はサイトのホスティングとして、Github pagesを用いることにしました。Github pagesでブログを制作する方法に関しては、 こちらとかで確認して下さい。

ブログのスタイリングのために、今回はBootstrapをベースに構成しました。BootstrapはOOCSSを謳っているものの、 オブジェクト指向特有のごちゃごちゃしたプロパティ名が好みではなかったので利用を控えていました。 ではなぜBootstrapを選んだかというと、単純にスタイルテンプレートがBootstrap向けだったためです。

1 2 3 4 5